早めに処分をするべき理由は

粗大ごみは溜め込まず早めに捨てることが大切です。何をごみと判断するかは人によって解釈が異なりますが、一般的には使用する予定がないものは不用品、ごみと判断することが多いようです。部屋にただ置いておくだけなら、スペースを取るだけのごみに違いないでしょう。部屋を狭くしたり、建物を傷めたりする要因になるので、不用品回収業者に処分してもらいましょう。室内が粗大ごみだらけになっていると、足を着く場所すらなくなりかねません。足を引っかけてつまずいてしまい、大けがをする危険性もあります。粗大ごみはまとめて出すという人もいますが、溜まれば溜まるほど回収費用は高額になり、不用品回収業者に依頼するのを躊躇するようになる人が多いです。そのため3点以上溜まったら処分するなど、溜め込まない決まりを作っておきましょう。

不用品回収業者にまかせるメリット

ごみの分別方法は複雑で、また自治体によって方法が異なることが多いです。こうした面倒を解消してくれるのが不用品回収業者で、粗大ごみ全般をいつでも処分できます。自治体のごみ収集日に合わせる必要がなく、また処分点数にも制限はありません。ルームランナーやマッサージチェアなど、自分で持ち運びが大変な粗大ごみに関しては、不用品回収業者のスタッフが必要に応じて分解したうえで回収してくれます。まだ比較的新しいもの、市場で高値がついているものなどは買取りしてもらえる場合があります。売値が回収料金を上回れば、収支をプラスにすることも可能です。

不用品回収の品川区でのやり方は、回収してもらう方法と日曜日に直接資源化センターに持ち込む方法があります。いずれも事前に粗大ごみ受付センターに申し込みが必要です。その他には業者に依頼する方法があります。